2012/12/13

大剣通信12月号

11月号の、サトウハチロウさんの「剣道に学ぶ」はいかがでしたか。今月号からは、3回にわたり「剣道の歴史」についてです。〔第1回〕は「竹刀剣道の誕生」です。
 今使われている竹刀や防具が考えられたのは江戸時代中期で、長沼四郎左衛門という人が1710年頃に「面」と「小手」を完成させ、竹刀による打ち込み稽古を始めたのが始まりと言われています。
(諸説は沢山あります)そして、1760年頃に中西忠蔵子武という人が、「胴」を加え、「面」も改良されて、更に竹刀による打ち込み稽古が活気を増し、たちまち人々を剣術の虜にしていきました。
これ以降は、木刀による稽古(現代で言う日本剣道形)などに変わって、竹刀と防具による稽古や試合が盛んに行われるようになっていきました。
今から約300年前に「竹刀剣道」が誕生し。多くの剣豪により隆盛を極めていきますが、剣道にも厳しい時代がありました。次号〔第2回〕は「剣道の禁止令」です。
大剣通信12月号PDF

コメントする(facebookを利用してないかたはこちらからコメントしてください。)



*

こちらの記事もご覧ください

ブログ


2012年02月11日
面と小手

大会結果


2018年01月30日
第27回大田原警察署管内少年剣道錬成大会

大会結果


2013年06月30日
蔵の街剣士 創立25周年記念 東日本選抜少年剣道大会

ブログ


2012年04月07日
新年度②

ブログ


2012年01月31日
警察署長杯

ブログ


2014年08月12日
合宿

ブログ


2012年11月08日
ホームページデザイン決定

ブログ


2012年09月22日
10月予定(変更点があります)

ブログ


2014年05月13日
那須烏山剣道教室との稽古会

剣道写真特集


2012年07月11日
0.5秒後に「胴あり!!」