2019/09/26

竹刀の柄を短くする

竹刀の柄の長さが自分あったものでないと、構えや打突に無理が生じ、右腕に力が入りすぎてしまう場合があります。

今回は、自己流ですが柄を短くする方法を紹介します。

まず、標準的な柄の長さは、上の写真のように右ひじの内側に竹刀の柄頭を当て、そのまま握った位置です。

用意するものは、タコ糸、目打ちです。

それと写真には写っていませんが、割れてしまった使っていない竹刀も使用します。

長さを測ります。

なお、新しい柄は、使用すると伸びるので、何回か使用した柄を加工します。

上の写真は、同じ柄ですが、新品のものと何度か使用したものを並べています。

柄を裏返します。

この時に、割れてしまった竹刀を使っています。

裏返すと、柄頭の部分が縛ってあるのがわかります。

柄を切る前に、目打ちで穴をあけていきます。

タコ糸を通します。

きつく縛り、切ります。

この後、元に戻して終了です。

このまま竹刀を組むと弦返しの位置がずれるのでそれも直します。


コメントする(facebookを利用してないかたはこちらからコメントしてください。)



*

こちらの記事もご覧ください

大会結果


2012年12月22日
第46回県小学生錬成大会

ブログ


2019年06月24日
第3回稲葉杯

ブログ


2012年02月06日
メールマガジン登録

ブログ


2019年04月22日
平成31年度第1回稲葉杯

大会結果


2019年11月24日
第42回栃木県スポーツ少年団競技交流大会(剣道)

大会結果


2018年06月24日
第36回道場対抗剣道大会

大会結果


2018年03月01日
第30回記念岩瀬杯・鉾心杯争奪少年剣道錬成大会

ブログ


2015年02月21日
2015年度ポスター案③

ブログ


2012年04月16日
日光での練習試合

大会結果


2013年08月18日
日光剣道大会